2018/04/11

逢魔が時「阿蘇神社」の桜たち

(備忘録・その二)

熊本地震からほどなく2年になる。
甚大な被害を受けた「阿蘇神社」の
参道にも桜はけなげに咲いている。

叶わずじまいになった去年の桜も、
きっとそうであったに違いない。
指を折れば、10数年振りの桜になる。

"散り始めている"との情報を得たので、
白昼を避け夕方からダッシュ撮影。
ことわざの「夜目遠目笠の内」である。

横参道と参道商店街を行き来すれば
"トワイライトブルー"に映える桜たちは、
刻々と"逢魔が時"の闇に身を翻して...。
去り難きを抑えて、走って、乗り継いで、
益城インターから夜行バスに飛び乗る。

「一心行の大桜」と「阿蘇神社の桜」、
公共交通利用・弾丸日帰り行路なり。


















































↑ 工事中の楼門と桜 (2018.4.4)

↓ 熊本地震以前の楼門と桜

____________________________________
フェイスブックでも投稿しています(抄)
www.facebook.com/petekobayashi

0 件のコメント: